葬式での弔辞について

葬式でご遺族から弔辞を依頼された場合、スケジュールや体調不良などの関係や特別なことがない限り引き受けることが基本とされています。ご遺族の慰めや思いがあり依頼されたからであるためです。弔辞では、書くときに注意が必要となります。巻紙に薄墨を使い書き包む巻紙の上に弔辞と書きます。白い無地の便箋と封筒でもよいです。書く内容は、3分以内に読み上げられることと、1000文字に抑えることです。そして、弔辞の文章が他と重ならないようにすることご遺族が望む文章や内容を取り入れることです。そのためには、ご遺族と話などをしまとめることも大切です。忌み言葉や仏式であるのに神式に用いられるような言葉を使わないように気を付けることが注意として必要です。

墓地を管理してもらっている方に、清掃などを頼む事が出来ますか

私は時々、墓地の清掃を兼ねてお墓参りをしています。ところが、四季を通じてここの土地には、雑草が生えたり他のものが飛んで来たり、すごく困っています。月命日にお参りすると、もうたくさんの雑草やゴミを拾い集めています。風の通り道なのでしょうか。これまで自分で清掃出来ていたのですが、歳をとって高台にある墓地まで行く事が難しくなってきました。頻繁に掃除の必要がなければ、少しは楽なのではないかと思います。小さい木もあるので、剪定もしなければならない時期もあります。そこでご相談ですが、墓地の管理者の方に、清掃や剪定を日時を決めてお願いする事は出来るのでしょうか。私はそういった知り合いはいませんので、お墓にかかることの、そういったお仕事をして頂ける業者様を存じません。管理の方にして頂く訳ではなく、そういうお仕事をされている方のご紹介をお願い致します。

Copyright© 葬式 弔辞 All Rights Reserved.