葬式における弔辞の役割

葬式において弔辞とは、故人への最後の別れの言葉であり参列者の方々に故人の人となりや経歴を伝えることが主な役目です。私の経験としまして弔辞の読み手としては、おおむね故人との関係が深い人物がふさわしいです。たとえ読み手の方が話下手の方だとしても、あくまで故人を偲ぶ事が目的なので関係が深く思いが深い方のほうが適切だと思います。無難に葬式を行うのであれば近親者に頼むのが妥当であると思います。また文章は故人の思い出を中心とし、生前の業績を称え別れる事についての悲しさ寂しさを伝える事がベターです。葬式を成功や失敗という概念で考えるのは野暮かもしれませんが、この弔辞の良し悪しに左右されるのではないでしょうか。

墓地の継承を拒む親族がいます。強要する事は出来ませんか

代々の墓地を継ぐものが亡くなってしまいました。その人の葬儀を出した後、子どもに継承する予定だったのですが、子どもが継承を拒んでしまいました。私たち親族で集まり、話し合いをしたのですが、やはり今まで通り代々で継いで行く事を勧めました。しかし遠方に住んでいる事や、他にも近くに親戚がいながら、自分だけが面倒を押し付けられるのは困ると言います。自分が本家だと考えていないのか、これから先みんながその墓地にお参りしないという訳ではないので、継承者の名前だけでも自分にと頼んでいます。親が継いでいるものを子どもが拒絶する事を考えた事もなかった私は、どういった措置をとればいいのでしょうか。私たちだけではどうしても決めかねません。墓地の管理者に相談しても、こればかりはこちらで決めるしかないと言われます。そこで、私たちは次のような行動に出てみました。

Copyright© 葬式 弔辞 All Rights Reserved.