お葬式での弔辞について

お葬式では亡くなった方への弔辞が読まれる事がよくあります。弔辞は参列者などが故人に向けて述べられる言葉です。故人との関係によっては話す内容も様々です。悲しみの気持ちを伝える言葉ま大事ですが、誰も知らなかった故人との良いエピソードなども添えられると遺族もあたたかい気持ちになるようです。最近の葬儀では色々なスタイルが存在しますので、弔辞の席でも故人を愛称で呼んだり、使う言葉も自由に述べられる事がほとんどです。しかし「しばしば」や「たまたま」など、繰り返す言葉は悲しみや不幸を「繰り返す」事を連想させるため、使うべきではないとされています。このような事に注意しながらであれば、手紙形式でも挨拶形式でも素直に故人への悼みの気持ちを伝える事ができ、遺族の悲しみも少々和らげばとてもありがたいお別れの言葉になります。

墓地の相続人が変わった場合、管理センターに報告する必要はありますか

親戚の墓地所有者が数ヶ月前に亡くなりました。今まで健康で、本当に急な事だったので、私も含めも親戚一同がびっくりしていました。今でも戸惑いが残っています。それでその後どうするか、みんなで話し合った結果、その人の子どもが承継する事になりました。そうしてその人もその墓地に埋葬する事になりました。その事は管理センターの方にお話ししたのですが、その後の相続人が変わったと、まだ報告していません。この場合は、報告の義務があるのでしょうか。その場合、誰が管理センターに話を通したらいいのでしょう。親戚はこちらに任せておいて欲しいと言うのですが、報告を怠った場合はどうなるのでしょう。事実、まだ子どもに当たる人は申請していません。管理費などの支払いもあると思うのですが、永代使用料はもう払っているというばかりで、管理は別となるのではないのかと心配です。

Copyright© 葬式 弔辞 All Rights Reserved.