最新記事

景気は変動するといわれます。
悪い時期もあれば良いといわれる時期がありそれが繰り返されるといわれています。
景気に変動しやすいのが金利です。
景気が良いときは金利も高くなっています。
景気が悪いときはどんどん金利が下がります。
日本は長くゼロ金利を行っていました。
金利が低い状態なので、投資などはしやすい状況と言えます。
不動産投資を行うときにファミリー向けとワンルームだとどちらの方が見通しが良いかです。
金利が今のまま低いことと想定すると住宅ローンの金利がどんどん下がる可能性があります。
すると借りるよりも買おうと考える人が増えてくるかもしれません。
投資をする側からすると借り手が減るのは問題になるでしょう。
ワンルームへの不動産投資はそもそもが借りる人を対象にしています。
少子化で学生などが減るとされていますが、だからと言ってワンルームの利用が下がるわけではありません。
ファミリーに比べて利用し続けてもらいやすいです。

 

関連記事

  • 不動産投資は別の金融商品とは違い、高い価格の投資商品です。
    不動産投資の内でも相対的に低価格な …

    続きはこちら

  • 不動産投資においては数多いオリジナルのメリットがあります。
    部屋を借り入れるときは普通なら2年 …

    続きはこちら

  • ゼロ金利政策からマイナス金利の時代へ、銀行にお金を預けていても利息は期待出来ない時代になりました。< …

    続きはこちら