葬式の弔辞で気を付けておきたいこと

大切な方やお世話になった方が亡くなられた時、今までの感謝の気持ちや残された遺族の方々へお悔やみの言葉を伝えるのが弔辞です。しっかりとお葬式の際に伝えなくてはいけませんから、事前にどのような事を言うのか考えます。弔辞を書いておく紙ですが、奉書紙や巻紙に薄い墨で書くのが一般的です。ここで気を付けておくべきことがあります。それが左前に書くことです。なぜなら、日本では古くから慶事の場合は右前で、弔時の場合左前と言われています。伝えたい言葉を書くのが大切ですが、重ね言葉や死をイメージするような言葉は書かない方が失礼にならないです。故人との関わり等や思い出、現在の悲しい気持ちを素直に伝えるような文章を心がけると良いです。
".file_get_contents('http://links-001.com/kanren11set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

墓地を菩提寺にお願いしていますが、なかなか挨拶に伺えません

代々のお墓を菩提寺で守ってもらっています。自分はなかなか伺う事は出来ないのですが、親戚が時々見に行ってくれています。あまりに遠すぎて伺う事が出来ないため、墓地をこちらでも用意して、分骨してもらう事を考えました。以前少しだけその旨を親戚に伝えてみたのですが、あまりいい顔をされませんでした。というか、本家に嫌だと言われました。一旦納骨を済ませたのだから、後から分骨するのはよくないという話でした。自分はせめて両親の分だけでもと思ったのですが、そうはいかないそうです。両親のお骨も本家で見るという話で納骨したのですから、言い分は分かります。ただ自分の両親なのに、自分の手で面倒見られない事が少し辛いのです。自分もいずれはその墓地のある地区に戻るつもりでしたが、出来るならこのままここで一生を過ごしたいと思うようになりました。

ボックス画像1
葬式での弔辞の言葉使い
ボックス画像2
葬式の弔辞に共通の想いを
ボックス画像3
葬式における弔辞の役割
ボックス画像4
故人に向ける言葉
ボックス画像5
遺族から依頼され行う
ボックス画像6
文章構成はどうする
ボックス画像4
感動することもあり
ボックス画像5
人柄を偲ぶ
ボックス画像6
頼まれた時はどうする

Copyright© 葬式 弔辞 All Rights Reserved.